サンバーン

サンバーンは波長の短い紫外線によって起きるもので、皮膚へのダメージが大きいといいます。

ひどいサンターンでは水ぶくれやむくみ、熱や痛みを伴います。

紫外線のエネルギーから皮膚細胞とそのDNAを守るために、サンタンニングというものが肌のメラニン色素を増加することによって起こります。

個人によって差があるのが紫外線による日焼けの度合いで、サンタニングが全く起こらない人やサンバーンがひどい人もいるようです。

通常では後からサンタンニングが起きてくるもので、日光に当たって8~24時間ではサンバーンがピークになってきます。

紫外線による日焼けのしすぎは、サンタンニングもサンバーンも、肌に損傷をあたえることもあるので要注意です。

 

<PR>
最寄り駅から探すホテル宿泊情報 なら