高齢化社会

高齢化社会において家族の介護問題は数多く起こっている。


家族が介護となると色々な問題が多く、介護するには難しい環境が大いにあるといえるだろう。


ところが、そんな問題も第三者の手を借りることによってお互いに安心して過ごすことが出来る施設が多くなってきている。


一例として、ここでは熊石の有料老人ホーム
認知症の高齢者が、小規模な生活の場(9人までの共同居住形態)において、食事の支度、掃除、洗濯等を介護従業者と共同で行い、家庭的で落ち着いた雰囲気の中で生活を送るための日常生活上のサービス。


実際、施設というよりは「家」という位置づけが強く、日本では介護保険上でも住宅とみなされ、そこで提供されるサービスは認知患者、家族にとってすごくありがたい環境だと思う。