わきがと年齢という病気

わきがになる年齢というのは、実は決まっています。


小学生でわきがに悩むことはまずありません。


わきがのにおいが出始める時期というのがありますので、これが小学生ではないことは確かです。


小さい頃は、わきがの臭いに悩むことはなかったという人でも、何だか最近自分のにおいがとても気になる、人から臭いについて指摘されたことがあるという人の場合に、振り返ってみるとそれが思春期頃だったという人は多いかもしれません。


わきが体質というのは、思春期を境にして、突然わきが体質になるというわけではありません。


もともとわきが体質で、思春期頃までは、まったく体質が表に出なかったのに、思春期頃に活発にホルモンの分泌が始まることで、わきがになると言われているのです。


一般的にわきがになりやすい年齢というのは、男女差があるのですが、女性のバイアには、生理開始後2年から3年くらいして、わきがの臭いが気になりだすと言われています。


男性の場合には、思春期の少し前くらいに、わきがの臭いがきつくなると言われています。


それぞれ個人差はありますから、もしかすると思春期よりも早くわきがになる人もいるかもしれませんし、逆に思春期を過ぎた20代になってから、ワキガ体質になるという人もいるので色々です。


女性の場合には、閉経すれば、わきがの体質もそれと同時に治まると言われています。


わきがの原因がホルモンの分泌と関連していることから、年齢的にホルモンの分泌が活発にならなくなったころに終わるのです。