乳酸菌やビフィズス菌

「生きている」「死んでいる」ではなく、乳酸菌が作り出す物質が腸内環
境の改善に役立つ。


味噌などの発酵食品が腸にいいというのも、「生きた菌」そのもの以上に
発酵食品の中に乳酸菌が作り出す物質が含まれていることにある。


テレビでおなじみの辨野義巳(べんのよしみ)先生(理化学研究所 特別招聘研究員 農学博士)です。


テレビで紹介されるときは、「名前が(べんの)だから便の仕事は天職で
すね。

」などと司会者からよく揶揄されている方です。


乳酸菌やビフィズス菌は生きている、いないにかかわらず、腸内に細菌が運
ばれると、菌体成分(その菌を構成している成分)が免疫細胞を活性化し、
体全体の恒常性を保とうとして免疫機能が高まることが期待できる。