旅行やイベント時の写真の撮り過ぎに注意!

旅行やお出かけをすると、誰しも必ずと言っていいほど、カメラを向ける瞬間があると思います。


今やカメラよりコンパクトで手軽に持ち歩ける、しかも高性能のスマートフォンのカメラが普及し「この瞬間を写真にとって、誰かに見せたい」という思いがあって、すぐに撮影に臨みます。


そのため旅先や休日のおでかけ、友達と一緒のランチまでも、常にいつ何時も写真に収めようと、どこか構えてしまっている事ってありませんか?そしてふと我に返った時、写真をいかに上手に撮るかということに集中し過ぎて、今この瞬間を楽しんでいない事に気づいたり・・・。

アメリカ・フェアフィールド大学の心理学研究者リンダ・ヘンケル氏によれば、「写真を撮りすぎた分だけ思い出が減ってしまう」という調査結果が出ているそうです。

思い出作りのために撮ったはずの写真が思い出作りを妨げるとは、これは大変です!
この調査結果は写真に撮ったものよりも、撮らなかったものの方が記憶に残るという事。


実際にリンダ・ヘンケル氏が行った実験、結果はこちらです↓。

28人の学生にカメラを持たせて美術館を訪れ、15点の作品を写真に撮り、ほかの15点の作品は写真に撮らず、見るだけ。

翌日、それぞれの作品のディテールについて記述させたところ、写真に撮った作品については詳細が思い出せないという欠点がいくつも見られました。

一方、撮らずに観察しただけの作品については、詳細を思い出せたという結果が得られました。

ということは、写真を撮るという行為は、記憶を妨害する可能性もあり?!

そうなんです!思い出作りのために撮る写真は貴重なものである一方、いつでもどこでも写真が撮れる昨今では、本当に撮りたい写真でなくても撮ってしまう事も。


「何か納得のいく写真をとろう」と常に構えているだけでは、楽しいひと時を過ごしたという実感が伴いにくくなるのも事実だそうです。

旅行やイベント、同窓会などに行く時は写真に固執しすぎず、思いっきり楽しい時間を過ごし、後で少しだけ写真を撮ることを心掛けるのがいいかもしれません。

記念写真程度にね。

どうですか?美術館へ行ってこの実験してみますか?→美術館近くの宿