InDesignには自動化のためのプログラムを用意

InDesignのプラグイン・XMLの浸透により、
XMLデータの自動組版は、格段にやりやすくなりました。


イラストレータの自動組版は、グラフを自動作成できます。


アドビCS2によるツールは、JAVASCRIPT
VBSCRIPT、APPLESCRIPTと
自動化のためのプログラムが用意されています。


(CS)クリエーティブスーツだからデザイナーの道具
というのは、表向きで、自動組版システム開発者のための
プログラム群は、密かに(注目されていない)用意されています。


手作業でのクリエーティブだけでなく、自動化デザインの
ための道具も用意されているのです。


ここに気付きさえすれば、システム設計です。


CS2が発売されたのが3年前、研究期間1年で提案
開発、そして今年本番ということだと解釈しています。